TOP  |  賛同・ご協力のお願い  |  資  料  |  実行委について

集会概要  |  メッセージボード  |  在日難民支援ニュース購読手続き  |  ENGLISH page

皆様のおかげを持ちまして、180名の参加があり、無事終了いたしました。
ありがとうございました。

中継録画など 報告は こちら

メッセージボードにもたくさんの「私たちができること」を宣言してくださいました!

詳しくは こちら


 日本への難民申請3年間で23487人、認定はわずか66人!

いま、戦後最大の難民危機と言われています。世界には約6500万人の保護が必要な方がいます(2015年)。これは換算すると、113人に1人となり、しかもこの数はいまもなお、増え続けています。

この日本にも世界中からたくさんの難民がきています。日本への難民申請者は近年急激に増え続け、昨年の申請者は10901人にも達しました。しかし、そのうち難民と認められたのは、たった28人。2014年から2016年までの3年間の難民申請者数を合計すると23487人ですが、認定者数はわずか66人にすぎません。

 世界が揺れている今、難民問題を通じて考えよう!

もしあなたのそばに、紛争や迫害から逃れてきた難民がいるとしたら…。あなたはどうしますか?

わたしたちの生活自体がすでに世界と密接に結びついている現実をみると、国際的な責任分担は必要不可欠ですが、日本政府の難民受け入れの状態は、世界各国から「難民鎖国」だと言われているほどです。しかし民間では、日本にいる難民に対する支援の輪は日増しに広がり、様々な取り組みがなされ、民間による難民の受け入れなども始めました。

同じ時代、同じ地球に生きている者として、難民を排除するのではなく、「RefugeesWelcome」(ようこそ なんみん)と言えるように、この日本であなたができることを、一緒に考えましょう。

今までの集会
  2016年   2015年   2014年   2013年   2012年   2011年   2010年   2009年   2008年   2007年




● 集 会 概 要   
↑ クリックすると、別ウインドウでご覧いただけます。


↑ クリックすると移動します。

2017年7月2日(日) 11:00〜16:30

大阪市住まい情報センター 3Fホール アクセス

資料代:一般 1000円 / 学生 500円


【集会内容】第1部 「日本で何ができる?世界が揺れる難民問題」 11時〜13時
  • 集会趣旨説明
  • 安藤由香里氏(大阪大学特任講師)
       「同じ地球・同じ時代に生まれたんだから」
  • 亀谷優子氏
       「540万人の国の難民受け入れ(フィンランド)」
  • 質疑応答
 休憩

第2部 「Refugees Welcome」 14時〜16時半
  • 難民からの声 アフガニスタン難民など
  • 折居徳正氏 (難民支援協会(JAR))
        「日本でのシリア難民の民間受け入れ」
  • 田中恵子氏 (RAFIQ) 「OSAKAなんみんハウスでの難民支援」
  • 渡部清花氏 (WELgee) 「関東での難民ホームステイの取り組み」
  • 各団体の取り組みなど
※ メッセージボード
※ 写真などの展示 アフガニスタン、シリア、軍政下のビルマの絵画など
※ 関西の難民関係のNGO紹介ブースなど
【講師紹介】
【安藤由香里氏】 HP
大阪大学特任講師(国際人権法・人道法・難民法)。
国際人権法におけるノン・ルフルマン(追放・送還禁止)原則が研究主題。


【亀谷優子氏】
日本、フィンランドとスウェーデンで福祉を学び、2006年から2017年までフィンランドのNGOなどで、地域住民の移民への理解を求める活動、ピアサポートによる難民の第三国定住の手助けや、移民の生活支援に従事。

【折居徳正氏】
難民支援協会。難民受入れプロジェクト・マネージャー。民間主導によるシリア難民留学生の受け入れプログラムに尽力。

【田中恵子氏】
関西の難民支援団体RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)共同代表。

【渡部清花(わたなべさやか)氏】
東京大学大学院・総合文化研究科・人間の安全保障プログラム修士課程。大学時代はバングラデシュの紛争地にてNGOの駐在員。トビタテ!留学JAPAN1期生。バングラデシュ、国連開発計画(UNDP)元インターン。
WELgeeという団体を設立し、関東を中心に日本に逃れてきた難民と一般の家庭をつなげる「難民ホームステイ」実施中。


△ページトップ



● 在日難民支援ニュース購読手続きのご案内   

日本に難民が庇護を求めて逃げて来ていることをご存知ですか。
2006年までは難民申請する人は多くて400人強でしたが、2008年から1000人以上が難民申請しています。2016年は10000人超です。
日本政府は難民条約を批准しているにもかかわらず、難民認定数は多い年で年間60人。
ほとんどの人が仮放免状態(1か月ほどの滞在許可、移動の自由、就労の自由の制限など)におかれています。
私たちは日本人として、難民をどう受け入れるかを問われています。
そこで、皆様の得意なことなどを難民支援に生かし、難民問題を自分の問題としてとらえ直していきませんか。
「在日難民支援ニュース(RJS-NEWS)」は、そのきっかけとなる情報をお伝えしていきます。

運営:世界難民の日実行委員

私のやれることで難民支援!ぜひニュースを購読してください!(随時発行・無料 まぐまぐから)

△ページトップ

2017年世界難民の日関西集会実行委員会

【後援】UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)駐日事務所、公益団体法人アムネスティ・インターナショナル日本
全国難民弁護団連絡会議、特定非営利活動法人なんみんフォーラム(FRJ)、認定NPO法人難民支援協会(JAR)
【協力】難民ナウ!

【事務局・問合せ】RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
〒532-0002 大阪市淀川区東三国4-9-13 「OSAKAなんみんハウス」
TEL・FAX:06-6335-4440 Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp

すべてのコンテンツの著作権は当実行委員会とその関係団体に帰属します