RAFIQの基本的な活動   ボランティア募集   寄付・カンパのお願い   RAFIQ入会案内
なんみんFAQ   メールマガジン【RAFIQ Magazine】  アクセスマップ  リンク

● ボランティア募集!


 RAFIQの活動を支えるためにボランティアを募集しています。

【ボランティアの例】
  • 難民申請手続きから難民不認定取り消し裁判までの支援
     例 通訳/翻訳/大阪入国管理局に収容されている難民への面会/裁判傍聴など
  • 生活支援 
     例 日本の生活の慣れるための同行支援など/公的機関や病院への付き添い/日本語/就学、就労支援 など
  • 難民問題理解の為の市民啓発
     例 イベントなどの企画/宣伝物の作成/SNS等での発信/当日スタッフ協力/いろいろな宣伝活動(チラシポスターなどの配布)など
  • 事務所(なんみんハウス)、シェルター運営の協力
     例 様々な活動の事務関係の手伝い/事務所、シェルター運営管理の手伝い
 などなど

【RAFIQでボランティアするには?】
 
必ず、毎月行っている難民初級講座を受講し、RAFIQの「ボランティア説明会」で内容をよくご理解されたのち、「ボランティア登録」をお願いします。
初級講座等のご案内チラシ(画像をクリックするとpdfが立ち上がります)
 講座チラシオモテ
 ※ 日時・場所は都合により変更することがあります。直近のご案内はトップページをご確認ください。


【ボランティアの方の声】
 …ボランティア活動を通じて感じたこと
  • 初めてRAFIQに参加したのは、入管への月1回の訪問時でした。RAFIQのスタッフのかたが丁寧に現状を事前に説明してくれたため、参加への不安はありませんでした。難民の問題に対してこれが自分の国の、難民への対応なのか…と冷遇具合を目の当たりにし、衝撃でした。
  • 出てくる在日難民に関するニュースに関して、怒りや憤りを感じるようになりました。
  • 日本と他国との支援の差、サービスの差が明らかに違い、日本で難民を受け入れること、受け入れた後の対応を考えさせられます。
  • 難民の方に対して一生懸命働きかけている市民団体の方々がいて、私にも何かできることがあると分りました。
  • 難民問題をより身近に感じられるようになりました。
 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。