※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ヘイトスピーチ法関連  (2016年5月)



与党が提出した「ヘイトスピーチ」関連法案が2016年5月13日参議院通過、5月24日に衆議院にて可決し、成立しました。
昨年5月に民主党中心に「人権差別撤廃施策推進法案」を提出しましたが、今年4月になって与党案が提出され、その中に「適法に居住する者」以外へはヘイトスピーチしていいと受け取れる条項があり、2009年に埼玉県で行われた「カルデロン一家」への排外スピーチを思い起こさせます。
私たちRAFIQとしては、どんな理由であれ、日本に住まう人々の尊厳は尊重されなければならないと考えます。
このページでは、法案に関する情報を入手次第、リンクを貼るなりしてご紹介したいと思います。

  ・本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に
 関する法律案

     (16年4月8日提出) 与党案  概要  法案(PDF)

  ・人種等を理由とする差別の撤廃のための施策の推進に関する法律案
     (15年5月22日提出) 野党案  概要  法案(PDF)  法案要綱(PDF 民進党)

  【参考】
  ・ あらゆる形態の人種差別の撤廃に関する国際条約 (外務省)
  ・「大阪市ヘイトスピーチへの対処に関する条例」について (大阪市)

※ ヘイトスピーチ関連法案だけでなく、実態・研究・行動などのお知らせなどは「アンチ・レイシズム・プロジェクト」というサイトをご覧ください。

RAFIQ 2016年5月

★ 市民団体等の声明等(すべて外部リンク)

  ヘイト・スピーチ解消法成立に際しての声明 (16/5/24 外国人人権法連絡会)
  「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の
        「推進に関する法律案」についての会長談話 (16/5/2 千葉弁護士会)
  日本:差別を助長しかねないヘイトスピーチ解消法案を速やかに修正せよ
    (16/4/19 アムネスティインターナショナル日本)
  「本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の
        推進に関する法律案」に対する声明  (16/4/18 ヒューマンライツ・ナウ)
  本邦外出身者に対する不当な差別的言動の解消に向けた取組の推進に関する法律案」に
       関する全国難民弁護団連絡会議緊急声明 (16/4/15 全国難民弁護団連絡会議 PDF)
  与党のヘイトスピーチ対策法案に反対する声明
   全件収容主義と闘う弁護士の会ハマースミスの誓い
    (16/4/14 代々木上原の弁護士 マイルストーン総合法律事務所のブログ)

★ メディアの情報等

  ヘイトスピーチ対策法が成立 「表現の自由」「罰則」国会議員も悩んだ
     (16/5/25 ハフィントン・ポスト)
  ヘイトスピーチ対策法、成立へ 関係者が悩みながら評価したその意義とは
     (16/5/12 ハフィントン・ポスト)
  (私の視点)ヘイトスピーチ 実効的な法規制を求める 金竜介
     (16/4/30 朝日新聞) 外部リンク ※ この記事を読むにはログインが必要です。
  ヘイトスピーチ対策、与野党で修正合意 今国会で成立濃厚
     (16/4/29 北海道新聞) 外部リンク
  「適法居住」要件の見直しを――国会で審議中の「ヘイトスピーチ対策法」与党案(韓東賢)
     (16/4/24 Yahoo!ニュース) 外部リンク
  自公提出の「ヘイトスピーチ法案」のなかで、明らかに容認できない「適法居住要件」とは何か。
    (伊藤和子)  (16/4/22 Yahoo!ニュース) 外部リンク

★ 関連Web(すべて外部リンク)

  Anti-Racism Project (アンチ・レイシズム・プロジェクト)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。