※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ガーナ人送還死亡事件  2010年3月〜


2010年3月に強制送還時に急死したガーナ人男性(スラジュさん)について、RAFIQで得た情報をまとめました。
2014年3月には損害賠償を求めた民事訴訟で東京地裁は入管に対して賠償命令の判決を出しました。1年前には、児玉弁護士にこの事件について経過等をお話していただきました。

この事件の後、単独の強制的な送還はなされませんでしたが、2013年夏にフィリピンへ、冬にタイへのチャーター機による一斉送還が行われてしまいました。制圧するような事態にはならなかったものの、非人道的な扱いで送還されたことが報告されています。

この事件では、刑事事件としては不起訴となっている状態で、さらなる検証を期待し、今後、強制的で非人道的な送還が行われないように監視を続けていきたいと思います。

この事件の詳しい情報や、直接的な支援はAPFSのサイトをご覧ください。

スラジュさん事件 (APFS)
2014年3月 RAFIQ

★ 最高裁、上告棄却 原告敗訴決定 (2016/11/10) new!

最高裁は入管の制圧行為は「適法」とし、国側の主張を認めたため、原告の敗訴が決定しました。最高裁が不当な制圧行為を人権侵害と認めないことに怒りを覚えます。

  ガーナ人遺族の敗訴確定=強制送還中に死亡−最高裁 (16/11/10 時事通信)

★ 東京高裁、不当判決 (2016/1/18)

1/18に言い渡された東京高裁の判決は、14年3月の第1審の賠償命令を取り消す判決でした。入管の制圧による違法行為も認めず、遺族側の全面敗訴となりました。
前後の経過等は、支援団体であるAPFSのサイトをご覧ください。

  強制送還中死亡のガーナ人男性、遺族が逆転敗訴 東京高裁判決
      (16/1/19 日本経済新聞) 外部リンク
  強制送還時急死、遺族の賠償請求を棄却 (16/1/18 読売新聞)
  強制送還のガーナ人死亡、二審は遺族側の逆転敗訴 (16/1/18 朝日新聞)
      外部リンク  ※この記事はログインが必要です


★ RAFIQでのイベント

   「入管の強制送還はどう行われるか」 〜ガーナ人男性強制送還死亡事件を検証する〜
      (2013/3/8 高槻総合市民交流センター) 児玉弁護士の講演会報告等


★ 報道

  強制送還時に死亡 検察審査会「不起訴相当」 (14/10/30 NHK)
  スラジュさん事件国賠訴訟 こちら側からも控訴しました (APFS) 外部リンク
  ガーナ人強制送還死訴訟 国が控訴 (14/4/2 朝日新聞)
  スラジュさん事件国賠訴訟 国の控訴に抗議します! (14/4/1 APFS) 外部リンク
  スラジュ事件国賠訴訟「控訴するな署名」のお願い (APFS) 外部リンク
※ 3/28正午を持ちまして署名が締切られました。ご協力ありがとうございました。引き続き、国側の出方をご注目くださるよう、お願いします。
  強制送還―死への経過、再検証を (14/3/21 朝日新聞 社説)
  入管職員に押さえつけられ男性死亡 国に賠償命じる判決 (14/3/19 朝日新聞)
      2010年に成田空港から強制送還されようとして死亡したガーナ人男性の、
      賠償を求めた裁判の判決記事です。
  送還のガーナ人死亡、入管職員10人書類送検 (10/12/28 読売新聞)
      朝日新聞(10/12/28)  産経新聞(10/12/28)
  成田・ガーナ人男性死亡:妻が告訴状提出「入管職員が暴行」 /千葉 (10/6/29毎日新聞)
     産経新聞6/28
  強制送還の男性急死で抗議デモ ガーナ人ら東京で (10/4/12 共同通信)
  成田で強制送還のガーナ人死亡 機内で暴れ、入管職員制止 (10/3/23 共同通信)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。