※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ビルマ難民:ロヒンギャ難民の背景


  最近の情勢(ビルマ内外) new!   在日ビルマ人の対応   在日ロヒンギャ難民裁判

★ はじめに

2007年の「世界難民の日」シンポジウムの準備中に、大村収容所(長崎県大村市)にビルマ難民、それもロヒンギャという民族のビルマ難民が収容されている事実を知りました。

私たちは、学習会やワークショップなどを通じてビルマにたくさんの民族がいること、民主化運動は一つではないことなどを知っていましたし、ロヒンギャの人々が難民として日本に来ていることも知っていました(西日本入管に収容されていた人もいます)。

しかし、ビルマ国内でロヒンギャの人々がどう扱われているかということをほとんど知りませんでした。「世界難民の日」シンポでは、ビルマ難民が多く収容されていることを踏まえて開催されました。大村のロヒンギャ難民の存在を知り、彼らも近いうちに仮放免→難民認定や在特獲得への運動を一緒にしようと国内のビルマ人に呼びかけました。
しかし、最初はこの呼びかけには反応が今一つだったように思います。
私たちは彼らに、「真の民主化とは?」と問いかけ、日本にいる間にその答えを見つけてほしいと要望しました。

★ ロヒンギャ難民の背景

ビルマとバングラデシュが接するアラカン州に多く住んでいる人々。
仏教国といえるビルマの中で、彼らはイスラム教徒である。中世の時代に商人として各地を渡り歩いたロヒンギャの人々は、ビルマ・アラカン州とバングラデシュの国境付近に腰を落ち着けることになるが、両国ともロヒンギャの人々を自国民として見ていないので、迫害を受ける対象になっている。第2次世界大戦時にビルマを支配していたイギリスから日本に一時的に支配が移り、そのさなかに宗教別に軍隊を作り、お互いに戦わせたという。現在、ビルマ国内でたびたびあるという宗教対立を作り出した根底には、日本の戦略が関係している。日本も宗教対立に無関係ではないということだ。

ビルマ軍政からの迫害は、1978年、1982年、1992年と居住地域から追い出したり、強制労働に駆り出したりしている。その都度、20~30万人の人たちがバングラデシュに難民として出ている。
しかし、バングラデシュも最貧国なので、受け入れる用意はなく、数万人が追い返される。

ビルマ軍政は、1982年ごろ、ロヒンギャの人々をビルマ国籍を認めない方針を打ち出し、バングラデシュからの移民(違法移民だという)だから、取り締まっている。ビルマの国籍を持てない多くの人たちは無国籍状態であるらしい。
国民としての権利は認められず、公的教育も受けられていない。

2011年秋以降、スーチー氏が自宅軟禁を解放されて以来、少しずつだが、民政移管が進み民主化を推し進めようとしているが、ロヒンギャの人々が住むアラカン州周辺は以前よりも悪化している。
宗教的な対立がそこにあっても取り締まることさえもせず放置あるいは加担している現実がある。
バングラデシュにいるロヒンギャ族も同様なことで、人々はボートピープルとなってビルマ、タイ、マレーシア、インドネシア付近に漂流し流れ着いたところで、入国や上陸を拒否されたり、迫害を受けたりしている現実は変わらない。
ロヒンギャの難民化は関係国や関係機関の救済が必要と思われる。関係国で難民ビジネスと言われる人身売買があり、軍人や行政が関与の事実があった。
また、スーチー氏や代表を務める国民民主同盟(NLD)も反応が鈍く、救済するなどの支援活動が聞こえない。国内から難民が出ることに対して黙っているということが非常に疑問。

  バングラデシュのビルマ人―ロヒンギャ少数民族 (Burmainfo:山村淳平氏) 外部リンク

  ビルマ西部:ロヒンギャ問題の背景と現実
    (宇田有三 ヒューライツ大阪「国際人権ひろば」No.90 2010年3月) 外部リンク

  ミャンマー政府「公式発表」には入らない民族:ロヒンギャ
     (難民支援協会 2015年11月) 外部リンク

★ 在日難民の情勢
 (2017年現在、RAFIQが支援する関西在住のロヒンギャ難民はいません)

  日本にも自由なきロヒンギャ 働けず、移動も制限され12年 福岡で難民申請、不認定の男性|
    (18/11/26 西日本新聞)外部リンク
  館林周辺のロヒンギャと交流 東京学芸大生ら訪問 (18/6/25 上毛新聞)
  ミャンマー政府の弾圧に憤り 伝えたいロヒンギャ族の本当の歴史
    (18/2/23 東スポ) 外部リンク
  ロヒンギャ難民キャンプに学校設立 館林のアウン・ティンさん (18/2/3 上毛新聞)
  《ニュース最前線》不安抱え共生模索 群馬で暮らすロヒンギャ (17/12/24 上毛新聞)
  在日難民:ロヒンギャの子助けて キャンプ視察 (17/11/2 毎日新聞)
     ※ この記事はログインが必要です。 外部リンク
  日本に逃れたロヒンギャ 「戻る場所ない」難民申請 (17/9/24 朝日新聞)
     ※ この記事はログインが必要です。 外部リンク
  在日“ロヒンギャ”支援訴え、スー・チー氏の対応は? (17/9/11 TBSニュース)
  「現状を伝えて」 在日ビルマロヒンギャ協会が外務省に申し入れ (17/9/7 TBSニュース)
  在日ロヒンギャ難民らが声明、国連の介入求める (17/9/2 MBSニュース)
  UNHCR駐日代表:館林にロヒンギャ訪問 学習教室など /群馬
     (17/8/5 毎日新聞) 外部リンク

  ロヒンギャ (2015年6月~ 毎日新聞)
     毎日新聞の在日を含むロヒンギャ関連の自社記事のインデックスページです。

 ▲ページトップへ

● 最近の情勢 (ビルマ内外)


最新の情勢はここで!
  Burmainfo 「ロヒンギャ」
  アムネスティ・インターナショナル日本 「ロヒンギャ」
  ヒューマン・ライツ・ウオッチ 「ロヒンギャ」 検索結果はすべて日本語
  国境なき医師団日本 「ロヒンギャ族」
  UNHCR Japan 「ロヒンギャ」



【21019年】

  WUSTLの医学博士、ロヒンギャ難民のメンタルヘルス危機に対処
        (19/3/15 ミャンマーニュース) 外部リンク new!

  国連特別報告者、ロヒンギャが直面する苦難の最新情報を報告
        (19/3/14 ミャンマーニュース) 外部リンク new!

  危険にさらされた100万の命 今も続く人道危機 (19/3/4 国境なき医師団) 外部リンク new!
  マレーシアの海岸にロヒンギャ34人が漂着 海路の避難民は約1年ぶり
        (19/3/2 AFPBB) 外部リンク new!

  国連ミャンマー特使、ロヒンギャ族をめぐり警告 (19/3/1 TRT日本語) 外部リンク new!
  また難民増加、ミャンマーに抗議=今度は仏教徒も-バングラデシュ
        (12/2/6 時事通信) 外部リンク 
new!
  ラカイン州から新たな難民流入、バングラデシュがミャンマーに抗議
        (12/2/6 AFPBB) 外部リンク new!

  ロヒンギャ、遠い故郷 ミャンマー、進まぬ帰還 (19/2/4 東京新聞) 外部リンク new!

 ▲ページトップへ

  帰りたい 帰れない ロヒンギャ難民ルポ (19/1/30 産経新聞)
        ※ この記事はログインが必要です。 外部リンク
  ミャンマー:ロヒンギャ、帰還に暗雲 国軍と武装勢力、戦闘が妨げ (19/1/28 毎日新聞)
        ※ この記事は有料記事です。 外部リンク

  国連ミャンマー担当特使、ラカイン州の難民キャンプ訪問 (19/1/27 ミャンマーニュース) 外部リンク
  インドのロヒンギャも難民化、バングラ国境で31人拘束 (19/1/23 AFPBB) 外部リンク
  1,000人以上のロヒンギャがインドからバングラデシュへ (19/1/21 ミャンマーニュース) 外部リンク
  ロヒンギャ難民キャンプに一気に広がった「改宗」の噂 疑心暗鬼と恐怖が続く日々
        (19/1/18 FNN) 外部リンク
  UNHCR、ロヒンギャ返還のインドに説明を求める (19/1/7 ミャンマーニュース) 外部リンク
  国境なき医師団(MSF)の活動に不可欠な支援者のサポート (19/1/5 ミャンマーニュース) 外部リンク
  ロヒンギャ問題とスー・チー氏の正念場 (19/1/1 日テレNEWS24) 外部リンク
  ロヒンギャ、避難生活が長期化 難民キャンプに新年の朝日 (19/1/1 沖縄タイムス) 外部リンク

 ▲ページトップへ

【2018年】

  2018年を象徴する患者たち ロヒンギャ難民キャンプの過酷な現状を写す
       (18/12/31 ミャンマーニュース) 外部リンク

  難民キャンプの医療支援で言葉の壁と医薬品の厳しい規制
       (18/12/16 ミャンマーニュース) 外部リンク

  燃料を薪からガスへ~ロヒンギャ難民の生活を救う (18/12/11 UNHCR) 外部リンク
  帰還を恐れるロヒンギャ難民 不安を抱えて難民生活も長期化 (18/12/10 国境なき医師団) 外部リンク
  ロヒンギャ難民「帰りたい」「自殺する」=バングラから帰国、邦人医師報告
       (18/12/7 時事通信) 外部リンク
  ロヒンギャか、20人保護 インドネシア (18/12/4 沖縄タイムス) 外部リンク

 ▲ページトップへ

  2018年7月以降のロヒンギャ問題  2018年1月以降のロヒンギャ問題
  2017年10月以降のロヒンギャ問題  2017年9月までのロヒンギャ問題
  2016年のロヒンギャ問題  2015年のロヒンギャ問題

 ▲ページトップへ

● 在日ビルマ人の対応


日本に住むビルマ人の多くは仏教徒で民主化運動を進めている人達。その中でイスラム教徒であるロヒンギャの人たちもビルマ人と同じようにコミュニティを作って、日々の暮らし、ビルマの情勢から民主化へ運動をしているようです。
しかし、多くのビルマ人は、ロヒンギャの人たちを軍事政権と同様に、違法移民であるから、(自分たちと同じようには)見てほしくないといった様子です。

参考web

  雨降って、地は固まるか?(Burmainfo:田辺寿夫氏)

★ 真の民主化を目指して

「世界難民の日」シンポの準備(2007年)の中で、私たちは何度もその辺を確認しました。
現実問題、ロヒンギャ民族が収容され、強制送還となった場合、送還先はどこになるのでしょうか。ほとんどの場合、ビルマとなるのではないかと予想されます。
その点では、ビルマ難民と一緒で、送還されると危険であることがうかがえます。

収容されている人の気持ちを大事に、人権を守り、行動していきたい私たちは、仮放免後、いや、難民認定後、あるいは在留資格を獲得後、彼らが自由に生活でき、自由に活動できることを、日本人、外国人の区別なく共生できる日常であることを最大の目的としているわけですから、「移民であるから」自分たちの仲間でない、とは言い切れないと思います。

現在の軍事政権が倒れても、今の状態であるならば、分裂はすぐに起き、軍事政権でないというだけで、非民主的な国家にならないとも限らない。まず、私たちは何のためにビルマの民主化を願い、応援しているか。
少しずつでも、ロヒンギャの今の待遇と改善し、交流し、多民族ともに団結しなければならないでしょう。道は険しいのだということを学んでほしいと、何度もお互いに確認しあいました。そして、「世界難民の日」シンポの集会は成功したと思います。
この日のシンポジウムはまだ序の口です。
私たちは、ビルマ人が他の民族ともに日本で一緒になって民主化運動を盛り上げてくれることを望みます。

大村収容所に収容されていたロヒンギャ難民は2007年8月末に仮放免され、それぞれ支援者やコミュニティのもとのところに行きました。

参考web

  2007「世界難民の日」web
   (関西アクションのページ 下の方に大村入管のロヒンギャ難民について)
  ロヒンギャ民族組織指導者へのインタビュー(Burmainfo)

 ▲ページトップへ

● 在日ロヒンギャ難民裁判


★ ロヒンギャ裁判  地裁判決 2010年11月

 2007年ごろからロヒンギャ難民の難民認定処分取消、強制退去発布取消を求める裁判が始まり、今年に入ってから判決が出てきました。
 敗訴の理由の中には、ロヒンギャ族に対するビルマ軍政の差別や迫害についてはほとんど認定されておらず、送還しても迫害の恐れなしという無責任なものもあるようです。
 福岡の方では高裁の控訴審が始まっています。

2010/10/29 東 京
原告20名のうち2名の難民不認定取消を認める判決 在日ビルマ弁護団が声明(全難連HP)
2010/10/29 大 阪
原告3名とも敗訴
2010/4/22 福 岡
1名勝訴 被告が控訴
2010/3/24 福 岡
原告2名のうち1名勝訴、1名敗訴 「難民を支える会・福岡」「アムネスティ福岡グループ」弁護団が法務大臣に要請書

被告、原告とも控訴
2010/3/9 福 岡
1名勝訴

 ミャンマー少数民族、母国「国民でない」…強制送還できず(読売新聞 2008年2月19日)
 ロヒンギャ難民の難民不認定処分取消裁判が始まりました(2007年12月21日)
 大村収容所のロヒンギャ難民仮放免、記者会見 (2007年8月30日)
 大村収容所のロヒンギャ難民面会報告 (主動:TRY 2007年7月17日)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。