カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 難民認定制度関連資料


   新たな難民法制度を求めて   国会図書館の記事・論文等

 ★2016年〜2017年  2011年〜2015年

法務省、留学・実習生の難民申請後の就労不可とする制度検討
 (17/6/30 ロイター) 外部リンク new!

 難民認定申請者の就労資格制限、強制収容に関する報道を受けての懸念について (17/7/12 難民支援協会) 外部リンク new!
 難民申請後の就労不可…偽装対策、実習生ら限定 (17/6/30 読売新聞)

難民「相当」を4割不認定 法相、有識者審査「尊重」せず
 (17/6/11 東京新聞)  外部リンク new!

日本と世界における難民・国内避難民・無国籍者に関する問題について(日本への提案)更新版 (17/5/26 UNHCR) ※ 英語版あり 外部リンク

パブリックコメント出しましょう!
出入国管理及び難民認定法施行規則の一部を改正する省令案について(意見募集)
 (17/2/1〜3/2) RAFIQの提出の意見も公表しています。3月更新

難民受け入れで国際シンポ (17/2/16 NHK関西)

日本:移住労働者政策の改善と難民の受け入れ 必要
 (17/1/12 ヒューマン・ライツ・ウオッチ) 外部リンク

我が国の無国籍者の地位及びその取扱いに関する質問主意書および答弁書  (質問主意書 16/12/13 答弁書 16/12/22 参議院) 外部リンク

我が国の難民認定申請及び迅速処理手続に関する質問主意書および答弁書  (質問主意書 16/12/13 答弁書 16/12/22 参議院) 外部リンク

個人の尊厳と仮放免に関する質問主意書および答弁書
 (質問主意書 16/12/13 答弁書 16/12/22 参議院) 外部リンク

難民宿泊制度の利用ゼロ 15年度、専門家「周知されず」
  (16/12/19 共同通信) 外部リンク

※ 難民宿泊制度についてはこちら(難民事業本部 ページの下のほう)

難民:審査の専門機関を ダーク・ヘベカーUNHCR駐日代表
 (16/12/15 毎日新聞) 外部リンク

国連難民高等弁務官 日本に積極的な難民受け入れ求める
 (16/11/29 NHKニュース)
難民受け入れ拡大、日本政府に要請 国連難民高等弁務官

 (16/11/29 朝日新聞) 外部リンク 

法務省:法務大臣閣議後記者会見の概要 「難民認定申請に関する質疑について」 (16/11/25 法務省) 外部リンク

難民と移民に関する国連サミットに関して (2016年9月)10月更新
 9月19日の国連サミット、翌20日のリーダーズサミットに関するリンクをまとめました。

法務省:難民認定審査の処理期間の公表について
 (2016年9月 法務省)
 2010年から四半期ごとの難民認定不認定などの決定が出るまでの平均期間。最近は迅速処理するのは「濫用誤用申請分」であると言っています。

難民審査参与員の問題行動に係る抗議声明
 (PDF 16/9/5 全国難民弁護団連絡協議会)  外部リンク

(@ソウル)韓国の難民受け入れ革命に学べ 日本と同じ課題も
 (16/8/16 朝日新聞)  外部リンク

日本の「難民制度」を歪めているのは誰なのか (16/2/2 東洋経済オンライン)
  外部リンク

<日本の難民3>「難民と立証するのが難しい」弁護士でも越えにくい「高いハードル」  (16/1/20 弁護士ドットコム)  外部リンク

                                                 2011年〜2015年
 ▲ページトップへ

● 新たな難民法制度を求めて


この項目は、2009年にアムネスティ大阪難民チーム(当時)とRAFIQが策定し同年世界難民の日関西集会で発表し、今もRAFIQが考える難民法の原点ともいえる「新たな難民法制度の主要構成」と、当時の関西選出の議員に呼びかけた記録をまとめています。
2009年以降の世界難民の日関西集会で資料として添付し、参考資料は更新しているものもあります。
難民制度について考えるときの、ご参考にしていただきたいと思います。


はじめに  「難民制度の改革を広げる関西の会ー2009」の発足とその意義

新たな難民法制度の主要構成事項 (最終試案) 2009年5月 完成版 6月

難民制度の改革に関する主要提案事項 2009年2月

難民制度の抜本的改革の推進について (要請文)  2009年1月

参考資料 (資料が入り次第、随時更新しています)
  参考1:難民認定数等 (2012年 法務省、UNHCR参考)
  参考2:現行難民制度の基本的な問題点
  参考3:国連機関による日本の難民政策に対する勧告等
  参考4:国連人権理事会移住者の人権に関する特別報告者
      (ホルヘ・ブスタマネテ氏)の日本訪問(2010年3月)報告・抄訳
        (2011年3月21日) 外部リンク(pdf) 仮訳は全国難民弁護団連絡協議会(全難連)
            難民(庇護希望者)の収容・送還については5ページ以降に記載
  参考5:2013年アメリカ人権報告書 ―日本 (暫定訳) (2014年3月)
  参考6:自由権規約委員会による第6回日本政府審査の最終勧告
           (concluding observation)   外部リンク
         (14/7/24 CCPR:自由権規約委員会 規約人権委員会 英語ページ)
       日本語訳:入管収容と難民部分「難民申請者及び非正規滞在者の追放及び収容」
         (14/7/28 マイルストーン総合法律事務所 代々木弁護士のブログ)
           「難民申請者及び非正規滞在者の追放及び収容」19カラムのみです。
  参考7:韓国の難民法と日本の出入国管理及び難民認定法との主要条項対比  (作成:アムネスティ・インターナショナル大阪難民チーム 2012年6月)
  参考8:難民法制定とその未解決課題への提案
         キム・ジョンチョル弁護士 (2012年6月)
         (翻訳:アムネスティ・インターナショナル大阪難民チーム)

行動経過報告 更新 2012年11月  難民認定制度の要請活動報告や関連報告の記録

難民審査に関するUNHCRの法務省への速やかな改善要請について(実施依頼) 2011年10月提出  提出先:UNHCR

日弁連へ難民に関する制度運用の改善に向けて要望 2010年11月

難民制度の抜本的改革の早期実施について(要望) 2009年10月
  提出先:法務省


 ▲ページトップへ

● 国会図書館の日本・各国の難民認定制度の記事・論文等


 すべて外部リンク

2012年国別人権報告書―日本に関する部分(仮訳)
  (13年5月 アメリカ大使館・東京) 米国国務省民主主義・人権・労働局 2013年4月19日発表
   難民問題は 「第2部 市民の自由の尊重」 「d. 移動の自由、国内避難民、難民保護および無国籍者」

「我が国の難民認定制度の現状と論点」 (pdf)
  国立国会図書館 ISSUE BRIEF NUMBER 710  (2011. 5.12.)

「北欧の移民・難民への図書館サービス―スウェーデンとデンマークの事例から」  関西館総務課:堤 恵  「カレントアウェアネス」No.287 (2006年3月)

「フランスの難民等の庇護に関する法律  岡村美保子」 (pdf)
  「外国の立法」No.221 (2004年8月)

「フランスの難民認定制度  岡村美保子」 (pdf)
 「レファレンス」No.641 (2004年6月)


 ▲ページトップへ

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。