※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします

● アフリカ難民関係資料


 ★ 在日アフリカ難民の状況

難民参与員 審査での言動問題 (2017年9月) new!

3月に審査を受けたコンゴの難民女性が受けた参与員の発言について、全難連が改善を要請しました。それら声明や資料、報道関連をまとめました。

名古屋高裁 ウガンダ人、ネパール人難民不認定処分取消訴訟 勝訴判決関連 (まとめ2016年11月)

ウガンダ人、ネパール人難民に名古屋地裁が勝訴判決を出しました。
メディアの情報を中心にリンクをまとめました。

 勝訴判決 ウガンダ人2016年7月、ネパール人2016年7月と9月

ナイジェリア人活動家が入管に収容 「人々を助ける活動したい」
 (16/10/27 ロイター)  外部リンク

「故郷は危険、日本に逃れたけど」 難民申請者はいま (16/6/13 朝日新聞)

難民認定の義務付けを求めた裁判事例 (外部リンク)

  難民認定処分の義務付けの訴え等が認容された事例 (PDF)
     愛知学院大学教授 杉原丈史 (「新・判例WATCH」18巻 2016年4月)
  法務大臣が難民の認定をする義務 (PDF)
     大阪大学特任教授 安藤由香里 (「新・判例WATCH」18巻 2016年4月)

<日本の難民1>「イモトに元気づけられた」 難民認定まで「7年」コンゴ人男性の苦悩 (16/1/18 弁護士ドットコム) 外部リンク

難民認定:入管に検証、謝罪求める 勝訴のコンゴの男性が訪問 /東京  (15/10/17 毎日新聞)

コンゴ人の難民認定命令 東京地裁「迫害の恐れ」 (15/8/29 日本経済新聞)

迫害を逃れ…日本で路上生活 難民申請中のアフリカ男性
 (15/8/3 朝日新聞)

アフリカ難民大村入国管理センター移送の取り消しと仮放免を求める抗議声明と人権救済申立書  人権救済を大阪弁護士会に提出 (15/4/2)
   抗議声明を大阪入管に提出 (15/3/13)

アンゴラ内戦の闘士、はるか日本で難民申請
 (15/3/18 日本経済新聞) 外部リンク

大阪入管から理由なく大村入管に難民移送 2013年9月  (13/12/5 更新)

難民:ルワンダ人を初認定…名古屋入管、異議で一転  (12/9/27毎日新聞)

<愛知県警>難民申請中のルワンダ人男性逮捕…確認後も拘置
 (10/1/23毎日新聞)


 ★ アフリカの情報

南スーダン難民 ウガンダに逃れた難民100万人超に
 (17/8/17 NHKニュース) new!

コンゴで戦闘、住民251人殺害 (17/8/4 日本経済新聞) 外部リンク new!

社説 ナイジェリア 人道危機を食い止めねば (17/6/5 信濃毎日新聞)

南スーダンからの難民受け入れ、危険水域に ウガンダ
 (17/5/8 AFPニュース) 外部リンク

ウガンダ政府とUNHCRの共同声明:南スーダンから逃れる難民に対する迅速な助け必須  英語版 (17/3/24 UNHCR) 外部リンク

南スーダン難民が150万人超す 世界第3位の難民危機
 (17/2/11 朝日新聞) 外部リンク

世界最大の難民キャンプ 閉鎖差し止めの判決|公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本 (17/2/10 PR TIMES) 外部リンク

避難民キャンプ誤爆、死者236人の恐れ ナイジェリア
 (17/1/22 AFPBBNews) 外部リンク

ナイジェリア軍が難民キャンプに誤爆 死者は少なくとも76人に
  (17/1/19 fnnnews)

関連 ナイジェリア:避難民キャンプ爆撃の衝撃
  (17/1/19 国境なき医師団) 外部リンク

アフリカを覆う「難民問題」の厳しすぎる現実 報道写真家が現地で体験したこと  (16/1/12 東洋経済ONLINE) 外部リンク

ナイジェリア難民:俺たちは動物じゃない、人間だ 絶望の闇に輝く命
 (15/4/8 毎日新聞)

ナイジェリア:今年1月以来 1,000人超 死亡 速やかな避難民の支援が求められる  (15/3/26 ヒューマン・ライツ・ウオッチ) 外部リンク

翻訳データ:苦痛の国:ウガンダにおける拷問 ヒューマン・ライツ・ウオッチ
  2004年3月 第16号 No. 4 (A)  2008年9月10日 up


 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。