※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● アフガニスタン難民不認定処分取消訴訟支援 (2015年1月〜)


※ このページでは、アフガニスタン難民Rさんの裁判のお知らせ等を掲載します。
  RAFIQでは、本訴訟に関し、翻訳と裁判傍聴を中心とした支援活動を行っています。


★ はじめに

 平成27年1月20日 国に対し、アフガニスタン国籍の難民M・Rさんの難民不認定処分の取消を求める訴訟を提起しました。
 アフガニスタンにおいては,現在なお、タリバン派らが強い勢力を有しています。Rさんは、アフガニスタンにて、日本のNGOの職員として働いていたとこ ろ、タリバン派らに、キリスト教徒であるとの疑いをもたれました。イスラム法においては、イスラム教から他宗教への改宗は死刑に問われる場合があります。
 Rさんは、現地(ヘラート地方)にてタリバン派から暴行をうけたため、生命の危険を感じ、平成23年11月、カブールを経て日本に入国しました。

 平成23年、Rさんは,法務大臣に対し,難民認定を求めましたが認められなかったため,本件訴訟に至りました。(日本は海外と比較して、難民の受け入れ が少ないことが指摘されています。)
 アフガニスタン国籍のかたの難民申請は非常に珍しいケースですので、日本における,難民うけいれ状況の問題を知って頂くために、本件訴訟提起についてご 報告しました。
 本訴訟を機に、日本の難民政策等にご興味を持たれましたら幸いです。
担当弁護士 森田基彦・仲晃生

★ 関連イベントのお知らせ

難民展 (/大阪市 リバティ大阪と共催 2017年3月まで)
 1/14(2017) 特別企画 「アフガニスタン難民の話を聞こう」
  大阪)「難民知って」 14日、アフガン国籍男性講演 (17/1/12 朝日新聞)

★ 裁判日程


● 第12回裁判
  2017年1月19日(木)13:30〜17:00 大阪地裁806号法廷

  本人尋問および証人尋問。
40名の傍聴席は始めから一杯になり、この裁判の関心の高さを裁判官に伝えることはできたと思います。遅れて何人か入ってくると裁判長が補助いすを出すように指示してくれたのにびっくりしました。裁判には何度が参加して事がありますがこのようなことは始めてでした。
入れ替わりもあり、45名以上の方が参加して下さったことになります。たくさんの方が参加してくれたことでRさんへの応援にもなったと思います。最後にRさんは皆さんの応援にとても感謝していました。

本人尋問の主要なところは、「迫害の事実を鮮明にすること」でしたが、Rさんはつらい経験を冷静に応えていました。
国側からの反対尋問は、最初の難民申請時の陳述書の内容との矛盾のみを追及していましたが、しっかり答えていたので失敗と見えました。最後に3人の裁判官がそれぞれ質問もあり、裁判官も真剣に取り組んでくれていることがわかりました。
Rさんは現在就学ビザですが、3月で大学を終了します。6月までのビザなので、早めに裁判を勝訴し難民認定をしてほしいと思います。
● 第11回裁判
  2016年11月10日(木) 10:00〜 大阪地裁806号法廷
● 第10回裁判
  2016年9月2日(金) 15:10〜 大阪地裁806号法廷
● 第9回裁判
  2016年7月14日(木) 10:00〜 大阪地裁806号法廷
● 第8回裁判
  2016年5月20日(金) 10:00〜 大阪地裁806号法廷
● 第7回裁判
  2016年3月3日(木) 15:30〜 大阪地裁806号法廷
● 第6回裁判
  2016年1月26日(火) 10:10〜 大阪地裁806号法廷
● 第5回裁判
  2015年11月12日(木)10:30〜 大阪地裁806号法廷
● 第4回裁判
  2015年10月6日(火)13:10〜 大阪地裁806号法廷
● 第3回裁判
  2015年8月23日(火)10:30〜 大阪地裁806号法廷
● 第2回裁判
  2015年5月19日(火)13:10〜 大阪地裁806号法廷
● 第1回裁判
  2015年3月19日(木)10:00〜 大阪地裁806号法廷
Rさんは、宗教裁判所とタリバンから迫害された。アフガン国家がその迫害を阻止できないという主張の説明がありました。
● 提訴
  2015年1月20日 大阪地裁

★ 裁判関連資料

  ・難民裁判事例報告「国際基準の難民裁判を!」
    アフガニスタン難民不認定取り消し訴訟Rさん担当弁護士 仲晃生氏
    (2016/6/26 2016世界難民の日関西集会 裁判報告)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。