※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ロヒンギャ武装集団が一時停戦宣言
 (17/9/11 FNNニュース)


09/11 01:01

ミャンマー政府の治安部隊と衝突を続けるイスラム系少数民族「ロヒンギャ」の武装グループが10日、一時停戦を宣言したが、政府側は応じない方針を表明した。
西部ラカイン州では、8月25日に、ロヒンギャの武装グループが警察や軍の施設を襲撃して以降、治安部隊との衝突が続き、隣国バングラデシュに避難するロヒンギャの難民は、国連の推計で、29万人にのぼっている。
武装グループ「アラカン・ロヒンギャ救世軍」は10日、人道支援組織が難民の支援を再開できるように、10月9日までの1カ月間、戦闘を停止することをツイッターで宣言したが、政府側は「テロリストとは交渉しない」として、停戦には応じない方針を表明した。

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。