※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 南スーダン難民 ウガンダに逃れた難民100万人超に
 (17/8/17 NHKニュース)


8月17日19時04分

アフリカの南スーダンでは、政府軍と反政府勢力の間で繰り返される武力衝突のため、多くの住民が避難を余儀なくされていて、国連は17日、隣国ウガンダに逃れた難民が100万人を超え、アフリカ最大の難民危機が拡大しているとして国際社会に支援を求めています。

南スーダンでは、4年前から政府軍と反政府勢力の間で武力衝突が繰り返され、ことし5月に国連のPKO=平和維持活動に参加してきた陸上自衛隊の施設部隊が現地から撤収したあとも各地で激しい衝突が起きています。

このため、住む場所を追われた住民が続々と周辺国に逃れていて、UNHCR=国連難民高等弁務官事務所は、17日、最も多い隣国のウガンダで受け入れた難民の数が、100万人を超えたと発表しました。

UNHCRによりますと、南スーダン国内では、兵士らによって住民が虐殺される事態も相次ぎ、ウガンダには、毎日2000人近くが着のみ着のままで逃げてきていて、そのほとんどが女性と子どもだということです。

これまでに、ウガンダなどの周辺国や国内の別の場所に逃れた人は、南スーダンの国民の3分の1にあたる、およそ400万人に上るというということです。

国連のグテーレス事務総長は、「ルワンダで大虐殺が起きて以降、アフリカ最大の難民危機が拡大している」として、国際社会に対して強く支援を求めています。

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。