※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 難民2人、再び不認定 法務省、名古屋高裁判決覆す
 (17/6/14 中日新聞)


2017年6月14日16時00分

 国の難民不認定処分を取り消す名古屋高裁判決が確定したネパール国籍の男性2人について、法務省が再度、難民の不認定処 分をしていたことが分かった。

 2人は愛知県内の45歳と60歳の男性で、法務省が13日に通達した。いずれもネパールの王制打倒を目指す毛派(共産党毛沢東派)の迫害を恐れ、生命の危機を感じて来日した。
 難民申請をしたが、2011年、名古屋入国管理局は難民と認定しなかった。一審の名古屋地裁判決では敗訴したが、高裁判決では逆転勝訴し、確定した。

 代理人弁護士らによると、法務省は今回、ネパールの治安状況が11年当時と比べて改善し、迫害の恐れがなくなったなどと して、難民と認めなかったという。同省は代わりに、在留特別許可を認めた。2人は異議申し立てしない方針。

 難民政策に詳しい川口直也弁護士は「行政の独走で司法が無意味になっている」と批判。同弁護士によると、勝訴が確定した難民申請者に対する不認定処分は4、5人目になるという。

 (中日新聞)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。