※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 東京入管で収容外国人約20人が仮放免など求めハンスト
 (17/5/12 TBSニュース)


 東京入国管理局の施設で、収容された外国人およそ20人が、仮放免などを求めハンガーストライキを行っていることがわかりました。

 東京入管や関係者などによりますと、ハンガーストライキを行っているのは、東京入管の施設に収容されている中国人やイラン人など、いずれも男性のおよそ20人です。

 被収容者らには通常1日3食の「宮給食」という食事が提供されますが、9日の夕食から摂るのを拒んでいるということです。被収容者らは不法滞在で強制送還の対象となっていますが、難民認定申請などをしていて、「早く仮放免してほしい」などと訴えているということです。

 支援団体は、「中にはおよそ1年も収容される人がいて問題だ」「水も飲んでいない人もいて心配だ」と話しています。

 東京入管には現在、男女合わせて560人が収容されています。

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。