※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 難民対策 政府、シリア留学生に家族同伴認める


毎日新聞2017年5月7日 東京朝刊

 政府は、留学生として今年から受け入れるシリア難民に関し、配偶者や子どもの同伴を認めることを決めた。家族を含む難民受け入れは今年から5年間で300人規模となる見通し。シリア内戦は終わりが見えず、留学生の帰国が難しい可能性があるため、国際協力機構(JICA)を通じ日本での就業支援も行う。政府関係者が6日、明らかにした。

 留学生は、JICAで100人、文部科学省の国費外国人留学制度で50人を招く。第1陣受け入れは今年9月となる見通し。宮崎大や琉球大、慶応大などの大学院で受け入れ、研究生や修士課程の学生として所属する予定だ。

 留学生には滞在費を支給し、帯同した家族分の生活費補助もある。企業でのインターンシップ(就業体験)の機会も設け、定住を視野に後押しを図る。

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。