※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● イラク難民、米で拘束 到着直後に空港で
 (17/1/28 東京新聞)


2017年1月28日 23時21分

 【ニューヨーク、カイロ共同】米紙ニューヨーク・タイムズによると、ニューヨークに空路到着したイラク人の難民2人が27日、ケネディ国際空港で拘束された。全ての国からの難民受け入れを120日間凍結するとした、トランプ米大統領の大統領令を受けた措置とみられる。

 またロイター通信によると、エジプトのカイロ国際空港では28日、イラク人5人とイエメン人1人の計6人が、ニューヨーク行きエジプト航空機への搭乗を拒否された。具体的な理由は不明だが、イラク、イエメン両国はトランプ氏の大統領令で、一般市民の入国も禁止するとしたイスラム教国7カ国に含まれている。

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。