※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● トランプ大統領 難民受け入れ一時停止ヘ テロ対策を強化
 (17/1/28 NHKニュース)


1月28日10時17分

アメリカのトランプ大統領は、テロ対策を強化するとして、すべての国からの難民の受け入れについて一時的に停止することなどを命じる大統領令に署名し、反発の声も上がっています。

アメリカのトランプ大統領は、27日、国防総省でテロ対策を強化する方針を示し、「アメリカ国内にイスラム過激派のテロリストはいらない。われわれは、アメリカを支持する人たちだけを受け入れたい」と述べました。

そして、外国からテロリストの入国を防ぐための大統領令に署名しました。
大統領令では、すべての国から120日間、難民の受け入れを停止し、受け入れ審査について追加の措置を講じるよう命令しています。

また、シリアからの難民の受け入れについては、トランプ大統領が審査の手続きに十分な変更が行われたと判断するまで停止するとしています。

アメリカは、昨年度、シリアからの1万2000人余りを含むおよそ8万5000人の難民を受け入れましたが、大統領令では、今年度の受け入れを5万人以内に制限するとしています。

また、大統領令には、イラクなどテロが起きている中東やアフリカの7つの国の人たちを対象に入国を一時的に停止する措置も盛り込まれています。これらの国にはイスラム教徒が多く暮らし、国内外から差別的だとして反発の声も上がっています。

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。