※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● アフガン 爆発テロ80人死亡 少数民族デモ中IS犯行声明
  (16/7/24 京都新聞)


 【イスラマバード共同】アフガニスタンの首都カブールで23日、少数民族ハザラ人らによる抗議デモの最中に爆発があり、内務省によると、80人が死亡、231人がけがをした。過激派組織「イスラム国」(IS)系のニュースサイトが犯行声明を出し、アフガン当局はテロと断定した。

 アフガンでISはパキスタンと国境を接する東部ナンガルハル州などで台頭してきた。ISがカブールで大規模なテロを起こしたのは初めてとみられる。ハザラ人は多くがアフガンで少数派のイスラム教シーア派を信仰しているため、スンニ派のISや反政府武装勢力タリバン双方からしばしば襲撃の標的とされる。

 IS系ニュースサイトは「2人の戦闘員が装着した自爆ベルトをシーア派らの集会で爆発させた」としている。一方、タリバン報道担当者は報道機関に電子メールを送り、関与を否定した。
デモは、計画中の送電線について、ハザラ人の多く住む中部バーミヤン州などを経由させるよう政府に変更を求めていた。数千人のハザラ人が参加しており、ISは大規模なシーア派のデモを狙ったとみられる。

 テロは23日午後2時半ごろ発生。現場は市南部でカブール大や動物園などが近くにあり、人通りも多い。

 【ワシントン共同】アフガニスタンの首都カブールで起きたテロで、米国務省のカービー報道官は23日、「卑劣な攻撃を最も強い言葉で非難する」とする声明を発表した。

【写真】アフガニスタン・カブールの爆発で損傷し、現場に残されたトラック=23日(ロイター=共同)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。