※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ネパール人難民、初認定=愛知の男性、迫害逃れ来日
  (15/4/24 時事通信)


 政治的迫害から逃れて来たとして、難民申請していたネパール人男性と妻が、法務省から難民認定されたことが24日、分かった。認定は3月27日付。ネパール人の難民申請は日本で急増しているが、男性の代理人によると、認められたのは初めて。
 代理人の笹尾菜穂子弁護士によると、認定を受けたのは2007年に来日した愛知県豊川市のケーシー・ディパックさん(35)と、同国籍の妻(25)。10年に難民申請して翌年却下された後、異議申し立てが認められた。
 ケーシーさんはネパールで、政治的に対立する団体に家を焼かれ、暴行を受けた。治療を受けた記録や傷痕、脅迫状が残っており、認定につながったとみられるという。(2015/04/24-20:38)

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。