※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 西日本入管センター廃止へ 不法滞在者減少、9月未に
  (15/1/26産経新聞)


2015.1.26 13:01

 不法滞在者を収容する法務省の西日本入国管理センター(大阪府茨木市)は26日、不法滞在者の減少に伴い、9月未でセンターが廃止されることが決まったと発表した。定員300人のうち25日時点の収容者は21人で、別の収容施設に移送する方針。法務省が今後の建物の利用方法について検討を進めている。

 同センターによると、平成7年に開設後、収容者が定員近くまで増えた時期もあったが、近年は入国審査の強化により減少していた。

 入管センターは全国に3カ所あり、大阪のほか、茨城県牛久市の東日本入国管理センターと長崎県大村市の大村入国管理センターがある。法務省によると21年1月の全国の不法滞在者は約11万3千人だったが、26年1月は約5万9千人に減った。

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。