※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ミャンマー難民が日本へ 第三国定住で4家族18人
  (13/9/27 西日本新聞)


2013年09月27日(最終更新 2013年09月27日11時45分)

 【バンコク共同】難民救済策として日本が2010年度から試験的に実施している第三国定住制度で、本年度受け入れるミャンマー難民の4家族18人が27日午前(日本時間同)、タイのバンコク国際空港から日本に向けて出発した。

 4家族はほとんどがミャンマー少数民族カレン。30代前後の夫婦と子どもたちで、ミャンマー国境タイ側の三つの難民キャンプから応募した。

 難民キャンプで7年暮らしたという30代男性は「とても幸せ。日本で勉強して一人息子と一緒にエンジニアを目指したい」と将来の夢を語った。4人の子供を持つ30代女性は「子供に良い教育を受けさせたくて日本を選んだ」と話した。

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。