※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ミャンマー難民、遠い安住 日本になじめず「仕事なく生活費心配」 定住第1陣の夫婦  (11/9/29 朝日新聞)


 第三国定住制度で昨秋タイから来日したミャンマー(ビルマ)難民の第1陣5家族のうちひと組の夫婦が28日、都内で会見した。夫婦は3人の子どもと千葉県で暮らすが、日本になじめず、就職先は決まっていない。支援する弁護士は「受け入れ態勢を抜本的に見直すべきだ」と、外務省に申し入れている。

 ●就労ニーズ合わず

 会見で夫(46)は「仕事はないので、家賃、食べ物、子どもの学費が心配」と語った。会見には通訳が同席。妻(48)は「一番大変なのは日本語がわからないこと」。ともにキャンプ生活は約15年。夫は日本は戦争もなく自由な生活ができると思ったといい、「帰りたいと考えたこともあったが、もう来たんだから、住み続けたい」と話した。
 5家族は少数民族カレン族で、外務省の外郭団体・アジア福祉教育財団の難民事業本部(RHQ)が行う日本語などの研修を半年受けた。今春から千葉、三重両県内の農業法人で半年の職場適応訓練が開始。訓練中はRHQが1人約12万円の援助費を支給。訓練を終え双方が合意すれば、受け入れ先で働く予定だった。
 だが、夫は訓練期間が終わったが農業法人での就職を希望せず、間もなく訓練を終える妻と、同じ法人で訓練していたもうひと組の夫婦も就職しない意向だ。支援者らが改めて就職先を探している。
 2家族の代理人の渡辺彰悟弁護士らによると、事前にRHQから聞いた条件と異なり、作業が早朝や夜に及んだり、土曜日に休めなかったりした。往復約2時間の子どもの保育園の送迎などが負担だという。渡辺弁護士らは「実態は労働で、対価や説明が不十分。支援体制の拡充が必要」と、26日に外務省に申し入れた。
 農業法人は「季節や作業によって朝早いのは当然。日本の生活環境や働き方についてきちんと説明され、理解しているのだろうか」と戸惑う。
 外務省は「第1陣の方々が様々な困難に直面していることは承知している。改善できる点は改善していきたい」とする。
 国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)前駐日代表で東洋英和女学院大教授の滝沢三郎さんは「政府が受け入れ先や地元自治体、NGOに、難民になった背景などを十分伝え、協力して支援しないと同じ問題は続く。わずかな研修で自立が難しいことは、かつてインドシナ難民受け入れの際にも言われていたことで見直しが必要だ」と話す。

 ●増えぬ希望者、辞退も

 タイ北西部のメラ難民キャンプからは第2陣の4家族18人が29日に日本に到着する。当初6家族26人の予定だったが、1家族が辞退した。主な理由は幼い子を抱え、日本での生活に不安があったことだ。第1陣の家族から「共働きをしながらの育児で疲弊している」と伝わった。さらに1家族5人は遅れて来日する見込み。来日は2年で50人となるが、年約30人の当初計画を下回る。
 2004年以降、タイからの第三国定住制度で、米国は約7万1千人、豪州やカナダ、北欧諸国などは1千〜8千人を受け入れている。
 同キャンプのトゥントゥン委員長は「同じアジアの仏教国である日本に行きたいという人は本当は少なくない。制度は失敗だと判断せず、むしろ枠を広げていって欲しい」と話した。
 (中川竜児、バンコク=古田大輔)

 【写真説明】
会見する第三国定住第1陣のミャンマー人夫婦=28日夜、東京都新宿区、西畑志朗撮影

 ▲ページトップへ

● ミャンマー難民:「事前説明と異なる長時間労働」改善訴え
  (11/9/28毎日新聞)


 政治的迫害などで近隣国に逃れた難民を別の国が受け入れる第三国定住制度で、昨年タイの難民キャンプから第1陣として来日し、千葉県八街市で農業実習を受けているミャンマー人夫妻が28日、東京都内で会見を開いた。夫妻は「事前説明と異なる長時間労働を強いられ、支援者との接触も制限された」などと、受け入れ態勢の改善を訴えた。29日には第2陣の難民が入国予定だが、国際社会から非難されてきた日本の難民支援のあり方について、改めて議論を呼びそうだ。

 第三国定住制度は欧米各国で先行し、日本政府は08年末に導入を決定。タイ北西部で避難生活を送るミャンマー少数民族カレン族の難民を12年までの3年間で計90人受け入れる予定だ。第1陣27人は昨秋到着し、日本語などの研修後、今春から職場適応訓練として農作業に従事していた。

 会見した夫妻は8〜16歳の子ども3人との5人家族。今月末に訓練期間を終え、受け入れ先の農業法人に就職予定だったが、雇用契約を結ばないことを決めた。夫妻は「朝早くから夜遅くまで仕事で家族との時間も取れない。子どもを病院に行かせる時間もない」「戦争がなく自由な生活ができると思って日本に来たのに、とても残念」と話した。在日同胞の支援を受けやすい東京都内での新生活を希望している。

 この夫妻を含む2家族は今月26日、玄葉光一郎外相に対し、受け入れ態勢の改善を申し入れている。【西浦久雄】

毎日新聞 2011年9月28日 21時35分(最終更新 9月28日 21時51分)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。