※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 難民申請者に無償で歯科治療 鶴見大と国連、日本で初
  (10/2/23 共同通信)


 歯学部がある鶴見大(横浜市鶴見区)と国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)駐日事務所などが、日本に難民申請している人たちに無償で歯科の検診や診療をすることになり、23日、鶴見大キャンパスで式典が開かれた。鶴見大によると、大学で難民申請者への無料歯科治療に取り組むのは日本で初めて。

 UNHCR駐日事務所などによると、日本政府から十分な支援を受けられず、歯痛などを放置している難民申請者は多い。難民問題に取り組む非政府組織(NGO)が、治療を必要とする患者を鶴見大に紹介するなどして協力する。

 治療は、鶴見大歯学部付属病院で行われ、治療費は鶴見大が全額負担する。診療日は木曜日で、1日8人の患者を診察。年間300人前後の患者を見込んでいる。

 式典のあいさつでUNHCRのヨハン・セルス駐日代表は「ほかの(医療)分野でも見習うべき模範例となる」と意義を強調した。

2010/02/23 11:58 【共同通信】

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。