※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 元ミャンマー軍人の難民不認定処分取り消し
  (10/2/5 読売新聞)


 軍事政権下のミャンマーで民主化を訴え除隊処分を受けた元ミャンマー軍人の男性(56)が、日本政府に難民不認定処分の取り消しを求めた訴訟の判決が5日、東京地裁であった。

 杉原則彦裁判長は「ミャンマー政府は男性を反政府活動を行う人物として把握しており、帰国すれば迫害を受ける恐れが高い」と述べ、不認定処分を取り消した。

 判決によると、男性は1977年、ミャンマー国軍に入隊。民主化運動が高まった88年、デモ隊を取り締まる任務に就いたが、民衆に銃を向ける国軍に嫌気がさして93年、民主化を求める張り紙をして除隊となった。インドで民主化活動を行った後、2002年に日本に不法入国した。

(2010年2月5日 21時52分 読売新聞社)

RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。