※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

●  知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!
 対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ


もし、あなたが紛争や人権迫害があり逃げなければならなくなったらどうしますか?
「平和」な日本に助けを求めてきた難民の事を考えてみませんか?
まずは、難民の事を・見て・聞いて・考えて・語り合いましょう。難民出身国の軽食などや支援団体のブースもあります。

高槻市と難民支援
高槻市には、難民支援を行っているRAFIQの事務所が2008年から2016年までありました。
市民の皆さんの温かいご支援があり、住居のない難民支援のためのシェルターや市民向けの勉強会などを開催してきました。
また、難民と一緒に高槻ジャズストリートなどのボランティア協力も行いました。
現在も高槻近隣に住んでいる難民の方がいます。高槻市をはじめ、地域が“難民にもやさしい街”になったらいいなぁ…と考えている皆さんのご参加をお待ちしています。

対話型国際平和サロン 平和は国境を超えて 講演とOneDay展示カフェ
 ~知ってみよう考えてみよう日本に住む難民!

2/23(土) 11:00~17:00

高槻現代劇場 文化ホール 2F展示室
 〒569-0077 大阪府高槻市野見町2-33
  阪急「高槻市駅」から徒歩5分
  JR「高槻駅」から徒歩12分


 参加費:¥999

 企画:RAFIQ高槻支部
 主催・問合せ:RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)

画像をクリックするとpdfで見られます

● メインスケジュール (入退場自由!)
11:00-11:20  「ひとを守る人の手」上映①
11:30-11:45  日本の難民問題展示ガイド①
12:00-12:20  「ひとを守る人の手」上映②
12:30-12:45  日本の難民問題展示ガイド②
13:00-14:30  トークイベント「アフガニスタンの現状と難民になっての思い」
 イーダック・モハマッド・レザさん
15:00-16:00  みんなで話そうタイム
 皆さんが知りたいこと、考えたいことをテーマに各テーブルごとで話し合ってみます。
16:30-16:45  日本の難民問題展示ガイド③
16:50-17:00  クロージング

● その他のコンテンツ
  • パネルガイドも開催! RAFIQによる難民についての パネル展示コーナー
  • もっと難民について知りたい 図書コーナー
  • 難民支援団体による ブースコーナー
  • 同室保育で安心 子どもコーナー
  • 先着順!難民出身国の 軽食・お飲み物販売

Guest:イーダック・モハマッド・レザさん
1979年、旧ソ連のアフガニスタン侵攻時にイランに逃れその後、アフガニスタンに帰国。13歳のときに父親を病気で亡くし、働きながら3人の妹を育てた。タリバン支配下で勉強がほとんどできない中、独学で英語を学び、2007年からアフガニスタン孤児支援NGO団体「ラーラ会」の現地スタッフとして採用され、活動。しかし、外国のNGOの仕事をしていることや、キリスト教に改宗したという事実と異なる理由で反政府勢力タリバンから死刑判決を受け、襲撃される。殺害の危険から身を守るため、2011年11月に日本に避難し難民申請。現在は定住者ビザで滞在、同志社大学大学院で経営を学んでいる。故郷に残る妹たちを案じつつ、将来は日本とアフガニスタンにビジネスの架け橋をかけたいと夢を語る。

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。