カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします

● 名古屋:裁判勝訴判決なのに「難民不認定」


2017年6月13日、名古屋入管はそれぞれ2016年7月と9月に名古屋高裁で勝訴したネパール難民2人に対して、改めて「難民不認定」処分とし本人らに伝えたというニュースがありました。

その理由は「本国の状況は大きく改善されている」と言うもの。
ネパール難民は人道配慮による在留措置として1年間の在留資格が与えられ、更新で日本に在留できるとしても、なんとも解せないことだと思います。
裁判で勝っているのに、裁判の判断どおりにしない法務省のやり方は、司法制度自体を否定するものではないでしょうか。

 2017年6月 RAFIQ


名古屋高裁難民不認定処分取消訴訟 勝訴判決 (まとめページ 2016年11月更新)

難民2人、再び不認定 法務省、名古屋高裁判決覆す (17/6/14 中日新聞)

難民:「司法判断骨抜き」 不認定に批判 名古屋入管 (17/6/14 毎日新聞)外部リンク
 ※ この記事はログインが必要です。

難民:判決の2人不認定 ネパール「治安状況改善された」 名古屋入管
 (17/6/13 毎日新聞) 外部リンク ※ この記事はログインが必要です。



RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。