※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● ロヒンギャ問題 2016年


ビルマ西部に住むロヒンギャの人々は、以前からビルマ(ミャンマー)政府より外国人扱いされ、迫害を受けてきました。教育の機会を与えられず、強制労働を強いられ、人々の生活と安全は保証されてきませんでした。軍事政権からスー・チー氏に代表される政治体制になっても、状況は悪化の一途をたどるばかりです。

秋にロヒンギャの住むビルマ西部・ラカイン州の警察が何者かに襲撃され、ビルマ国軍が出動しましたが、民家を焼き討ちにするなどして、襲撃犯逮捕というよりは襲撃事件をきっかけにロヒンギャの人たちを難民化させる事件がありました。人道的に対応しないスー・チー氏への批判の声も高まりました。

  ロヒンギャ難民の背景、最近の情勢など     2015年のロヒンギャ問題

2016年冬、2015年に命からがら船で逃げてきたロヒンギャの人たちをインドネシア・アチェの人たちは受け入れ、インドネシア政府を動かしました。アムネスティ・インターナショナル大阪と共催し、その報告講演会を行いました。また、この講演の後にすぐに起こったインドネシア地震において、講演会の講師だったリリアン・ファンさんを通じ、被災されたインドネシア・アチェのロヒンギャ難民への支援金を送る活動を行いました。

  12/5難民危機に日本は何ができるのか 人道支援のスペシャリスト来日! (16/12/5)
  【緊急募金】インドネシア地震 アチェ漁民への支援 (17/1/15更新)



  ビルマ:国軍、ラカイン州の村落を焼き討ち (16/12/13 ヒューマン・ライツ・ウオッチ)
     外部リンク
  スー・チーにも見捨てられた?ミャンマーのロヒンギャ族 (16/12/7 Newsweek)
     外部リンク
  悪名高き軍がミャンマーで復活 (16/11/29 Newsweek) 外部リンク
  ミャンマー国軍、少数民族ロヒンギャに圧力…難民はバングラに越境、スー・チー氏に批判も
     (16/11/26 産経新聞) 外部リンク
  ビルマ:ロヒンギャの村落、甚大な被害 (16/11/13 ヒューマン・ライツ・ウオッチ)
     外部リンク
  ロヒンギャ難民の男性「僕たちも人間なんですよ」 人権改善訴える【スーチー氏来日】
    (16/11/4 ハフィントン・ポスト) 外部リンク
  Burma: Aid Blocked to Rakhine State (16/10/21 ヒューマン・ライツ・ウオッチ)
    ※英語のみ 外部リンク
  ミャンマー(ビルマ):多数の暴動犠牲者への人道支援を可能にせよ
     (16/10/20 アムネスティ・インターナショナル日本) 外部リンク
  ロヒンギャ族難民問題、ミャンマーとバングラデシュが協力を表明
     (16/9/24 ミャンマーニュース) 外部リンク
  ロヒンギャ難民キャンプを訪れた日本人が見た現状 「今や投票権すら奪われてしまった」
   (16/4/8 ハフィントン・ポスト)

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。