※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● 難民と移民に関する国連サミットに関して (2016年9月)


2016年9月19日、国連にて「難民と移民に関するサミット」が行われ、また、20日にはオバマ大統領が主催するリーダーズサミットが開催されました。日本から安倍首相がどちらにも出席し、19日には周辺国や欧州の難民支援国に対し、2800億円の支援金を拠出することを、また20日には、世界銀行に100億円を、そして5月に表明した「来年度から5年間のうちに最大150人のシリア難民留学生を受け入れる」ことに「その家族をも受け入れる」とも表明しました。
RAFIQは難民支援協会が取りまとめる「より積極的な難民受け入れを含む日本の難民支援の充実に向けて」という申入書に賛同し、9月15日に日本政府に提出されました。

シリア難民をはじめ、中東の難民の大規模な流出はそれまでに欧米諸国が中東地域に住む人達を分断させてきた結果です。日本政府は積極的には関わっていないものの、間接的に武器輸出をしていく方針(防衛装備移転三原則)を決めています。世界は現時点で難民流出の原因を突き止めるではなく、その歯止めさえも検討していません。その中で、難民の受け入れを進めていくことは第一義だと思います。
また、2015年のような難民の受け入れの仕方を再考するのではなく、受け入れ抑制に傾いてきています。日本政府は受け入れの準備を市民団体や難民のコミュニティと話し合いながら、150人以上の受け入れをしていくべきと考えます。

2016年9月 RAFIQ

★難民・移民サミットに関して
  難民と移民に関する国連サミット 2016年9月19日開催 (国際移住機関) 外部リンク
    Leaders' Summit on Refugees (2016/9/20開催) 英語 外部リンク

 ・人権ウォッチ:国連難民サミットでも難民を救えず (16/9/20 ヒューマン・ライツ・ウオッチ)
       外部リンク
 ・Listening:<国連>成果急ぐ 「地球の課題」難民7000万人時代 19日、首脳会合
     (16/9/16 毎日新聞) 外部リンク

★日本政府の支援表明に関して
  オバマ米大統領主催難民サミット 安倍総理スピーチ  (16/9/20 首相官邸HP) 外部リンク
   難民及び移民に関する国連サミット 安倍総理スピーチ (16/9/19 首相官邸HP)
       外部リンク

 ・難民問題への取り組みが問われている (16/9/25 日本経済新聞 社説) 外部リンク
 ・社説 難民の危機 掛け声よりも具体策を (16/9/23 信濃毎日新聞 社説)
 ・【国連難民・移民サミット】安倍首相は2800億円出すと約束した。世界の首脳は何を語ったのか
      (16/9/21 ハフィントン・ポスト) 外部リンク
 ・首相 難民支援で1億ドルの協力表明 (16/9/21 NHK NEWSWEB)

★難民支援団体の要請

  申入書「より積極的な難民受け入れを含む日本の難民支援の充実に向けて」に賛同
       (16/9/15)  RAFIQも賛同させて頂きました。

 ・日本政府による難民に関する国際会議での発表について (16/10/5 難民支援協会)
 ・難民支援拡充を!22団体が首相に申入書 国連総会控え (16/9/16 朝日新聞)
      ※ この記事はログインが必要です。  外部リンク

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。