※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● アフガン難民翻訳資料:UNHCRアフガニスタン出身の庇護希望者の
国際的保護の必要性を評価する該当性指針


★ 翻訳データ:UNHCRアフガニスタン出身の庇護希望者の国際的保護の必要性を評価する該当性指針
(「女性」の項のみ)

出典:国連高等難民高等弁務官事務所(UNHCR) 2009年7月
翻訳:I


社会、伝統、および法制度によって規定された性役割に従わないと受け止められた場合、女性は特に虐待のリスクにさらされる。虐待は、さまざまな形態をとりうる。親族を含むさまざまな主体によって加えられる。そのような取り扱いには、家庭内暴力、過度の監禁を伴う刑罰、品位を貶める非人間的処遇が含まれる。わずかながら公職についている女性もいる一方で、女性の権利は依然として抑圧や制限、系統的な侵害にさらされている。


  翻訳文はこちら (pdf)

  原文(英語)はこちら (pdf)  翻訳該当部分は31ページより

 ▲ページトップへ
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。