※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● イラン 不認定となった人の取り扱い 2009年


★ 資料:イラン 不認定となった人の取り扱い 2009年
 (2010年8月19日)
 出典:オーストラリア政府 難民再審査審判所 出身国についての助言
 翻訳:I

2009年、デンマーク入国局は、ある駐イラン西側大使館から、受けた教示として、イラン難民およびイラン人庇護希望者は、「イラン大使館およびその情報提供者ネットワークによって注意深く監視されている」との教示を受けたと報告している。その駐イラン大使館は、デンマーク入国審査局に対し、「我が国に駐在するイラン大使館は、きわめて強力な情報提供者ネットワークを擁しており、これらを駆使して我が国に暮らすイラン人の動静を見張り続けている」と教示した。これにもとづけばオーストラリアで難民申請したイラン人は、国外にいるイラン人らを通じてキャンベラにあるイラン大使館の知るところとなることは十分に考えられる。従って、イラン当局は、オーストラリアで難民申請をしたが認定されなかったイラン人が誰かを最終的に知ることになると考えられる。
  抄訳全文 (pdf 6ページ)

  原文(英語)はこちら (pdf 6ページ)
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。