※ このページの関連カテゴリです。カテゴリアイコンをクリックすると、そのインデックスページにジャンプします。

● アフガン翻訳資料:アフガニスタン 帰還を阻む難題

★ 翻訳資料:アフガニスタン 帰還を阻む難題

出典:UNHCR 2004年3月
翻訳:翻訳チーム

「アフガニスタン国内で帰還を阻む要素となっているのは、治安、政治的不安定、カブール政権の貧弱さと不公平、基本的人権を確保するための法律と司法制度が機能していない状況、地方軍閥に対する脆弱性、とくに農村での経済的、社会的発展の遅れ、雇用機会が限られている状況、土地や水へのアクセスが不十分なこと、保守的な慣習と態度、元公務員や専門職に与えられた機会、建設業の規模、影響が限られている事などがある。」

  本文(日本語訳)はこちら (pdf 21ページ)

  原文(英語)はこちら (pdf 22ページ)
RAFIQ(在日難民との共生ネットワーク)
事務所:〒532-0002 大阪市淀川区東三国4丁目9-13 なんみんハウス
TEL・FAX:06-6335-4440    Mail:rafiqtomodati@yahoo.co.jp
http://rafiq.jp/
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。