TOP  |  なんみんハウスとは  |  資料室  |  アクセス  |  RAFIQ ホームページへ

 資料室へようこそ!


 なんみんハウス資料室は2階にあり、RAFIQメンバーが読み尽くした書籍などの寄贈されたもので構成しています。
このページでは、その所蔵リストや、担当者である「nonomarun室長」からの資料室だよりをご紹介します。
リスト、資料室は随時更新されます。

★ なんみんハウス資料室だより nonomarun室長オススメの…
  1号〜5号(2017年1月〜2月発行)   6号〜10号(2017年3月発行)

★ 所蔵リストインデックス
実用書
難民認定法
制度・国際支援
生活支援など
雑誌・報告書
機関・学会報告書
一般雑誌
一般書(ノンフィクション)
日本・世界の難民問題
歴史、文化・習慣

一般書(フィクション) 日本語教材・日本語教育関連
日本語教材
日本語能力検定
DVD
一般販売・非売品
RAFIQ主催イベント記録

nonomarun室長より

皆様、こんにちは。「なんみんハウス」資料室担当のnonomarun室長です。

 この資料室には、難民認定に向けての実用書類、国際人権法、在住外国人支援のためのガイドブック類、日本語教材のほか、難民・移民・国際関係・国内事情などに関するノンフィクション・フィクション一般書・絵本などなど、あらゆる視点からの書籍や雑誌、報告書や論文類を所蔵していく予定です。

 「あ!これ面白そう!」「他にどんな本があるのかな?」「もう少し詳しく知りたい」「レポート課題があるんだけど…」と思ったら、ぜひぜひ気軽に「なんみんハウス」にお越しください。現在貸し出しは行っておりませんが、資料室で自由に閲覧していただけます。

 もしご自宅で必要のなくなった難民・移民関連の本などがありましたら、資料室に寄贈していただきたくお願いいたします(難民の方が読めるような多言語の本も大歓迎!)。

 将来的に貸し出しや学習会開催を見据え、資料室にすでに所蔵してある本も受け付けます(注:送料はご負担願います。寄贈していただいた資料は返却不可、その後の処遇につきましても、RAFIQに一任していただきますことを予めご了承ください)。
 nonomarun室長は基本的に毎週金曜日に「なんみんハウス」におります。本の話やRAFIQのこと、難民問題のあれこれ、こんなイベントどう?、お腹すいた!(笑)などなど、どんな話でもOK。ぜひ資料室を覗きがてら「なんみんハウス」にきてください。

 RAFIQ会員は100名を突破しました!(2017年1月現在)。RAFIQは「ともだち」という意味。100名超の会員は、世代も職業も人生のキャリアも様々ですが、難民問題に関心を持ち、この社会(世界)を少しでも良くするために何かしたい!というキモチは同じ。私たち会員同士も「ともだち」として繋がり、一緒に楽しく活動していくための拠点の一つとして、「なんみんハウス」をみんなで育てていきましょう!

2017年1月

 ▲ページトップ
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。