TOP  |  なんみんハウスとは  |  資料室  |  アクセス  |  RAFIQ ホームページへ

 なんみんハウスとは


●「なんみんハウス」の機能
(小さな家ですが)
  1. RAFIQの事務所
  2. 難民のための一時的な住居(シェルター)
  3. 難民を支える様々な生活支援・難民認定までの支援などの場
  4. 難民問題などの学習の場(資料室を設けました)
  5. 難民と一緒に暮せる街を目指しての地域との交流の場
などに活用できたらと思っています。

● 改修について
2016年5月からワークショップを8回行い、他の日程でもお手伝いをお願いし、まだ十分ではありませんが、オープンすることが出来ました。ことのほか暑い日が多かった中、参加された方ありがとうございました。
難民の方も手伝ってくれています。大幅な改修はほぼ済みましたが、お風呂など専門性スキルがないので、まだ使える状態ではありません。
  • きしんでいた1階の床は丈夫で安い足場板をはめ、断熱材も入れました。その上に天然素材のブライワックスを塗りました。
  • 壁が汚れていた和室は、天然素材の漆喰の材料を寄付して下さった方があり、みんなで漆喰をぬり、味のある壁になりました。また、業者の方もアドバイスをくださり、協力してくださいました。
  • 和室の汚れていた畳は、ウッドカーペットを敷きました。これは事務所のオーナーさんから「お祝いに」といただいたものです。
  • ベランダも鉄柵に錆止めを施し、ペンキを塗りました。
難民ハウスをつくろう!ワークショップ 難民ハウスをつくろう!ワークショップ
難民ハウスをつくろう!ワークショップ 難民ハウスをつくろう!ワークショップ
難民ハウスをつくろう!ワークショップ 難民ハウスをつくろう!ワークショップ
photo by Tanaka, C

湯は2017年ようやく使える状態になりましたが、シャワーが使える状態にはまだ至っていません。
ミーティングルームのエアコンがスイッチ入っても暖房にならないことがこの冬わかりました。
 → なんみんハウス:風呂湯給湯器の設置とエアコンの費用緊急支援のお願い (2016年2月〜)
据え置きタイプの暖房器具は危ないので、使用していません。

なんみんハウスのロゴとポスト 玄関先● 「なんみんハウス」ロゴ
なんみんハウスのロゴを支援して下っているデザイナーにお願いし、作っていただきました。イメージにぴったりのものが出来上がりました。


 photo by Tanaka


● 「なんみんハウス」これからのこと
高槻市の「みんなの家」で行っていた月1回(基本第二土曜)の「初級講座とボランティア説明会」をなんみんハウスで行います。
また、難民申請者や難民の支援者の個別面談、イベント等の準備も行います。
本棚を入れましたので、関連書籍を入れ、難民問題の周知・出身国情報・難民の日本語の勉強に役だてられたらと思います。

町内会にも入会しました。町内会の行事に参加しながら、シェルターに滞在する難民とご近所交流ができるよう願っています。

難民の得意なことや母国語の勉強会や、読書会、上映会、法律相談など…できればと考えています。事務所を開いている時間に近所の方がふらっと立ち寄れる、そんな関係が築けるようになればいいなと思います。

 ▲ページトップ


 施設案内


● 1階
 【玄関】
玄関 「なんみんハウス」の小さな玄関です。
左は外側、右は内側。
外側の青い掲示板はボランティアの方が作ってくれました!
photo by rumiko, C


 【RAFIQ事務所】
玄関に続く小部屋はRAFIQの事務所となっており、
イベント等の準備を行ったりします。
photo by rumiko


 【キッチン】
事務所の奥にあります。
フードバンクから届いた食料品(右の写真)は
大型の冷蔵庫に保管しています。
シェルターにいる難民や、なんみんハウスでのイベント
などにも自由に使えます。
整理整頓は必須!
photo by rumiko


 【シャワールーム】
キッチンに続く場所にありますが、基本的にシェルターにいる難民専用です。
photo by rumiko


● 2階
 【ミーティングルーム兼資料室】
ミーティングルームは2階の階段を上がって右手の部屋です。
学習会などの小さな集まりのほか、支援者や難民申請者のミーティングに使います。
ミーティングルームには併設の資料室(コーナー)があります。
皆さんから寄贈された難民に関する書籍・DVD・資料などを置いています。
ミーティングルームが空いているときは閲覧可能です。
ただし、持ち出さないでください。
photo by rumiko


 【シェルター】
階段上がって奥の部屋になります。
住まいのない難民申請者専用で一時的に部屋を貸します。
住まいが見つけられるように努力してもらいます。
(画像はイメージです。)
photo by Kikki


 【ロフト】
シェルターの部屋から専用のはしごで登れますが、現在は使用していません。
非常用となります。


 【なんみんハウス紹介の記事など】
★ 中東から逃れドラえもんの国へ…大阪の施設に初の入居者
   (17/2/22 朝日新聞) 外部リンク ※この記事はログインが必要です
★ デイズ・ショット:こえをきいて (17/2/18 毎日新聞) 外部リンク
★ 憂楽帳:なんみんハウス (16/10/19 毎日新聞) 外部リンク
★ 難民映像に心痛め…市民が建物無償提供、大阪に支援施設 (16/9/30 朝日新聞) 外部リンク

 ▲ページトップ
すべてのコンテンツ(一部を除く)の著作権はRAFIQ及びその関係者に帰属します。